診療のご案内 Practice

わきがの治療

臭いは無く、汗だけが多い場合

①制汗剤(自費)800円程

20%塩化アルミニウム液を4週間、入浴後1日1回塗布します。汗の量は減少してきますが、稀に効かない人やかぶれる場合があります。

②内服薬(保険適応)

自律神経の薬や漢方薬を服用します。全身的な多汗症により効果的です。

③ワキガの手術(保険適応)

ワキガの手術に準じて汗腺を除去します。効果は50%以上減少します。

ボトックス 両側1回 60,000円(税別)

麻酔のテープの後、ボトックスを少量ずつ皮膚の下に片側10数ヶ所注射します。
安静の必要はなく入浴などは可能です。 効果は3,4日後から生じ、その持続は6-12ヶ月です。

臭いが強い場合

①デオドラントクリーム

抗菌成分が皮膚の細菌の増殖を抑え、気になる臭いを防ぎます。
38g 4,000円(税別) 1日2回朝晩使用

②切開切除法(保険適応)

麻酔の注射の後、皮膚を3-4cm切開し、皮膚の裏から臭いの元になる汗腺を切除していきます。
手術時間は片側1時間ほど掛かります。 術後1週間ほどの安静が必要で、その間車の運転も出来ません。
抜糸は10-14日目に行いますが、通院は2-3週間必要です。 傷跡がしばらく残ります。
費用は両側で36,000円ほどです。