診療のご案内 Practice

刺青の除去(自由診療)

切除、縫縮

小さいものでは刺青を切除して、皮膚を縫い合わせます。
時間は30分程度、1週間ほどの通院と抜糸が必要です。線状の傷跡が残ります。
費用 小さいもの(2cmまで)で1か所 50,000円(税別)から

剥皮術

面積の広いものでは、刺青の部分の皮膚を上から削り取って刺青を取り除きます。
深い傷になったところには、近くの皮膚を薄くそいできて皮膚移植を行うこともあります。
手術時間は2-3時間、通院が2-3週間必要です。やけどの跡のような傷が残ります。
費用は広さによって異なります。
25平方cmまで100,000円(税別)
50平方cmまで160,000円(税別)
100平方cmまで200,000円(税別)

分割切除術

1度では取れない大きさのものを数回に分けて切除縫縮する方法です。
手術と手術の間隔は6ヶ月ほどです。最終的には線状の傷跡になります。
費用は大きさと治療回数によります。

レーザー治療

青色の刺青が適応になります(赤、黄、緑などには効きません)。
注射や麻酔テープで麻酔を行った後にレーザーを当てます。 当てた所は少し赤いやけどのようになり、10日前後で治ります。治った後は紫外線に当てないようにして下さい。少し色素沈着を起こします。
3ヶ月以上の間隔で照射を繰り返します。 1度の照射では刺青は取れません。
色素の少ないもので3-6回、濃いものでは10回前後の照射が必要です。
費用 小さいもの(2cmまで)で1か所1回15,000円(税別)からです。

剥皮術+レーザー照射療

色素の濃い部分を削り取った後にレーザー照射を行う方法です。
剥皮術単独に比べて傷が早く治りひどい傷跡にならず、レーザー単独に比べて回数が少なくて済みます。
多少の傷跡は残ります。